トップ > バードカービングとは? > 必要な道具・製品紹介

必要な道具・製品紹介

バードカービングを始めるために必要な道具を紹介しています。ホームセンターやホビーショップで購入できます。

電熱ペン/バードカービング用

マイペンアルファ

製品の特徴

1~10の目盛りで温調が可能で、焦げ目の濃淡も自由自在。バードカービングで羽や毛並みなど繊細な描画が必要な場合におすすめです。バードカービングの他にもウッドバーニングはもちろん、彫金(ロストワックス)のワックス原型の加工も可能です。

品番 セット内容
FD210-01 マイペン アルファ、ペン組品、引き抜きパッド、ペン先2種(T21-B1、T21-K8)、ペンスタンド、取扱説明書、登録書(3年保証)※

※購入後、1ヶ月以内にユーザー登録いただくと3年間の保証(無償修理)サービスを受けることができます。
   ただし、消耗部品(こて部・ペン先など)は対象外です。

マイペンアルファ

付属ペン先

T21-B1 ペン先/1B型 ペン先/1B型
T21-K8 ペン先/8K型 ペン先/8K型

交換ペン先

・カービングアート用
品番 品名 形状 備考
T21-E ペン先/E型 ペン先/E型 先端を使って曲線を描くことができます。
ペン先を寝かせて、ぼかしを入れるのにも適しています。
T21-K3 ペン先/3K型 ペン先/1B型 刃渡りが3mmのペン先です。
小鳥の羽や、短い線を入れるのに適しています。
T21-K5 ペン先/5K型 ペン先/5K型 刃渡りが5mmのペン先です。
T21-K8 ペン先/8K型
※マイペンアルファの付属ペン先
ペン先/8K型 刃渡りが8mmのペン先です。
T21-PS ペン先/PS型 少し長めのペン先です。
標準ペン先では届かない線を入れるのに適しています。
・はんだ付け用
品番 品名 形状 備考
T21-D16 ペン先/1.6D型 ペン先/1.6D型 線・面の2つのあて方が可能なオールラウンドタイプ。
バードカービングの鳥の足の製作に適しています。

※この他に、ウッドバーニング用、彫金用のペン先もあります。
商品詳細はこちらをご覧ください。〔HAKKO〕マイペンアルファ

HAKKO WING

こちらの製品は、販売終了品です。

WING本体をお持ちで、交換ペンの購入をご希望の方は下記までお問い合わせください。

GINZA HAKKO 木の香
TEL:03-5537-3107
E-mail:kinoka@hakko.com

HAKKO WING

●オプション
- 交換ペン

品番 形状 用途
A1397 B A1397 翼や尾羽のしっかりした羽のディテイルを入れるのに適しています。特に大型の鳥の製作に向いています。
A1398 C A1398 文字を書いたり、バ?ニングアート(焼き絵)に適しています。
A1399 J A1399 柔らかい羽を表現するのに適しています。 刃全体が丸くなっているので曲線が引きやすいペンです。
A1400 K A1400 翼や尾羽のしっかりした羽のディテイルを入れるのに適しています。特に中型の鳥の製作に向いています。
A1401 M A1401 翼や尾羽のしっかりした羽のディテイルを入れるのに適しています。特に小型の鳥の製作に向いています。
A1402 S A1402 押さえて使うことによって、羽の重なりの段差や羽軸を出したりするのに適しています。また、バーニングアート(焼き絵)では濃淡をつけるのに使います。
A1403 PS A1403 羽と羽が重なった部分や羽の裏側の線を引いたり、狭い箇所のディテイルを入れるのに適しています。A1401では入っていかない狭い箇所に使います。
A1404 KR A1404 羽の面が膨らんでいるところに微妙な曲線をつけるのに適しています。刃の末端が丸くなっているので、曲線が引きやすくなっています。
A1479 E A1479 尾羽や羽軸のディテイル、また先端を使って曲線を書くのに適しています。バーニングアート(焼き絵)ではペン先を寝かせてぼかしに使います。

必要な道具

木材
柔らかくて、削りやすいものを選びましょう。北米産のチュペロ材やバスウッドが適しています。
カービングナイフ
電動グラインダー
先端のカッターを取り替えることで、いろいろな削りができます。
カービングナイフより効率よく、細かなところまで、幅広く対応します。
サンドペーパー
#120、#220、#320、#400位のものを用意して順番に掛けます。
ガラス・アイ
鳥に合わせて、色・大きさの合うものを選びます。
資料
写真や図面など、作品のもととなるもの。

あれば便利な道具

真鍮と銅の針金
足を作るのに使います。
よく曲げる指には銅、芯になる部位には真鍮を使います。
はんだとはんだこて
別々に作った指と部位をはんだ付けします。
パテ
ガラス・アイを埋め込む時や、金属で作った足を整形する時に使います。
エポシキ系の柔らかいものを選びます。
アクリル絵の具
水性なので扱いやすく、乾けば耐水性です。
ツヤの出ないマットなものを選びます。